納骨堂が選ばれる理由に迫る!|終活応援ナビ

candles

様々な埋葬方法

Buddhist church

時代の変化と共に葬式や埋葬の方法も変化しています。
人が亡くなり、火葬をし、埋葬をするとなれば、ほとんどの人がお墓へ埋葬するイメージを抱くことでしょう。また、お墓というのは個人で建てることはできませんので墓地へ建てることとなります。墓地といっても運営しているところが色々とありますので、運営元によっても手続きの方法や金額が変わってきます。ただ、どこの墓地であってもお墓を立てることになれば多額の費用が必要となります。地域、墓石の種類などによっても金額は変わってきますが、相場としては200〜300万円と言われています。近年では、少しでも費用を抑えたい、家族に迷惑をかけたくないということでお墓以外の埋葬方法を選択する人が増えています。
お墓以外の埋葬方法には、樹木葬、散骨、永代供養墓等もありますが、その中でも納骨堂を選ぶ人が増えています。納骨堂というのは、元々遺骨を一時的に預かるところでした。しかし、現在では遺骨を長期的に管理するといったサービスになっています。納骨堂にも墓地と同じように運営しているところがいくつかあります。それらの違いによって設備、金額、管理内容などは変わってきます。
選ぶ納骨堂によって色々な違いはありますが、基本的にはお墓を立てるよりも安くて便利です。最近では自分が死んだ時に家族へ迷惑かけないように自分で準備をする終活をする人が増えています。埋葬方法を選ぶときには選択肢の一つとして納骨堂を入れてみてはいかがでしょうか。

選ばれる理由

Buddhist altar

遺骨を埋葬する方法には、お墓と納骨堂という選択肢があります。どちらでもかまいませんが、近年では納骨堂を選ぶ人が増えています。その理由について分かりやすくお教えしましょう。

納骨堂のタイプ

many flowers

一口に納骨堂といっても色々な種類に分けることができます。それぞれの納骨堂は特徴がありますので、決める前には必ずそれぞれの種類を調べ、納得できるものを選びましょう。

お墓の引越し

funeral ceremony

改葬をするにあたって、様々な手続きが必要となります。しかし、納骨堂へ引越しをしておくことで今後便利になりますし、管理も楽になりますのでメリットは大きいでしょう。